★セブ島留学では一般的な寮生活が案外良かったりする!★

セブ島留学は寮生活が主流フィリピンのセブ島は日本からも人気の語学留学先として注目されています。物価が日本や欧米に比べて安いので低予算でも留学可能なうえ、時差も1時間で日本からも近いという地理的優位性、そして世界中から観光客が集まるリゾート地で英語が学べるなど沢山の魅力があります。そんなフィリピンの英語の指導力は前回も紹介した通り質が高いので安心です。ただし、安全だけは他の欧米諸国同様に注意が必要です。日本と比較するとまだまだ地域や時間帯によっては危険な場所が数多くあります。また、日本人はお金持ちのイメージが持たれているので、スリや置き引きなどには最新の注意を払いましょう。さて、タイトルで紹介したようにセブ島留学では語学学校に通って英語を学ぶことになりますが、学校内に併設されている寮に滞在することが一般的です。食事も食堂が利用できるので校内で生活が完結してしまいます。欧米に語学留学の経験がある者からすれば、寮を利用できるのは結構魅力的だったりします。というのは、欧米へ語学留学した場合は、現地の家庭にホームステイすることが一般的です。もちろん、ホストファミリーと仲良くなって帰国後も定期的に連絡を取っている人もいます。しかし、必ずしも良好な関係が築けるとは限らないのです。ホームステイ代として事前に留学費用に含まれているように、ホストファミリーはボランティアとしてやっている人は少数です。ビジネス目的でやっている人も多く、特に母子家庭なんかがホストファミリーになることがよくあります。そうすると母親は働きに出ているので食事が冷凍食品やレトルトなど適当な場合もあるようです。私が経験したホストファミリーは、母子家庭でしたが毎晩手作りの夕食を作ってくれたので良かったですが、食事が苦痛だったという友人が結構いました。また、所持品を子供に壊されたり、シャワーの水の使い方で口論になったりと、ホストファミリーとトラブルになる人もいて、後から滞在先を変更してもらっていました。ホストファミリーは当たり外れが激しいので寮で生活できるのは魅力かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>