★なぜ今セブ島留学なのか!そこには、フィリピン・セブ島の徹底した英語教育があった!★

フィリピン独自の言語で現地の人が日常的に話すのはタガログ語ですが、共通の言語として多くの人が英語を話すことが出来ます。なぜならフィリピンは7000以上の島からなり、島や地域によって使われる言語が様々で120言語以上あると言われているからです。フィリピンは世界第三位の英語大国と言われていますが、その所以はフィリピンの語学事情にあります。セブ島をはじめとするフィリピンでは幼稚園から大学までの英語教育がしっかりなされています。日本でも英語の授業はありますが、フィリピンでは国語・歴史以外の授業は英語で受けるほどの徹底ぶりです。街の看板や選挙ポスター等、目にする物の多くが英語表記してあり、また、テレビを付けるとタガログ語の番組だけではなく、英語の番組や、島の言葉(例えばセブアノ語など)の番組も放送されています。フィリピンの人々時は生まれながらに日常的に多くの言語に触れており、多くの言語を身につけることが習慣化されています。小さい頃から他言語を操る術を日常の中で習得し、英語の一貫教育が徹底している国だからこそ「セブ島の英語は世界でもトップレベル」、「キレイな英語を身につけるならセブ島留学!」と言われています。「ユニクリ留学ナビ」では、語学留学を考えているあなたをしっかりサポートしてくれます。留学にあたっては不安な事項がたくさんあると思いますが、留学先を選ぶ前に知っておきたい基礎知識についても詳しくご紹介しています。「ユニクリ留学ナビ」を参考に、セブ島留学でキレイな英語を身につけましょう。

FireShot-Screen-Capture-#216---'ユニクリ留学ナビ'---unicre-philenglish_com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>